はかた大学

“博多”で働く人、住む人の新しい学びの場 出会い・つながる・広がるコミュニティ

ようこそゲストさん

学生ログイン

講座レポート

< 一覧へ戻る

[カルチャー] はじめての写経講座

開催日時
2019年7月27日(土) 08:00~10:00
キャンセル可能日時
2019年7月24日(水) 13:00
教室
聖福寺
講師
聖福寺
定員数
15名
参加費
1,500円(納経料:般若心経)

【講座レポート】

今回のはかた大学は朝活!
朝の8時に集合して写経体験を実施しました!
場所は静かな時間の流れる、心落ち着く禅寺「聖福寺」です。

筆を久しぶりに使うという方も多く、1文字1文字に集中して「般若心経」の書き写しに取り組まれていました。
写経には①心が清浄になる、②姿勢がよくなり、心と体が落ち着いてくる、③集中力がついてくる
④自然治癒力が向上する、⑤指先を使うことで、脳を活性化させることができる、
⑥忍耐力がついてくる、⑦字が上手になる というようにいろいろな効能があるのだとか。
体験した参加者の方からは
「写経にはずっと興味はあったが、参加する機会がなかったので参加できて良かったです。」、
「朝の涼しく静かな時間帯に写経の体験ができ、久しぶりに集中できて良かったです。」という感想のほか、 多くの方から「また参加したい!」とのお声をいただきました。

新しいことをはじめてみたり、朝の涼しい時間に活動してみたりするのはいいですね。
はかた大学では今後も様々な講座を予定していますので、興味のある講座がありましたら是非ご参加ください。
それでは次回の講座でお会いしましょう!!

 

【講座内容】

暑い夏を迎え、心身ともに自分を見つめ直し心を整えてみてはいかがですか?

7月講座は、「新しい自分へのチャレンジ」をテーマに、博多が誇る名刹・聖福寺の
静かな環境で経の書き写しを体験する「はじめての写経」講座を企画しました!
今回は写経でも一般的な般若心経の書き写しを体験します。

必要な道具は準備しておりますので、初心者の方も無理なく学んでいただけます。

写経には集中力がついたり、姿勢がよくなったりと様々な効能があるのだとか。
これを機に自分を見つめ直し、「清浄心」を高め更なる成長を目指しましょう!

講師プロフィール:聖福寺

聖福寺建久6年(1195年)に鎌倉幕府初代将軍源頼朝公よりこの地を賜り、
栄西禅師(ようさいぜんじ)を開山として創建された日本最初の禅寺です。
山号を安国山、寺号を聖福至仁禅寺(しょうふくしぜんじ)といいます。
元久元年(1204年)後鳥羽天皇より、日本で最初の禅寺である 「扶桑最初禅窟」
(ふそうさいしょぜんくつ)の勅額を賜りました。
又、栄西禅師は中国(南宋)よりお茶の種子を請来し、 茶樹の栽培、喫茶の方法を伝え、その普及に大いに貢献し、 後に茶祖と称されました。
境内は、禅宗様式の七堂伽藍(しちどうがらん)の建物が並び、 国の史跡に指定されています。

教室について:聖福寺

所在地:福岡市博多区御供所町6-1

地図を見る >

< 一覧へ戻る

運営組織

  • 博多まちづくり推進協議会
ページの先頭へ